登記・法律のエキスパート JFD司法書士法人

RECRUIT 所員インタビュー

平成28年入所
JFD司法書士法人
京都事務所 司法書士部門所属
越田 一希

KOSHIDA
KAZUKI

自己紹介

ミュージシャン→技術職勤務という経歴を経て、平成27年度司法書士試験に合格し、平成28年4月からJFD司法書士法人・京都事務所に勤務しています。

入所のきっかけと理由

私は、実務経験がゼロだったので、司法書士試験合格後の配属研修という実務研修に申し込んだのですが、その配属先として受け入れて頂いたのが、JFD司法書士法人・京都事務所でした。
既にJFD司法書士法人に勤務していた同期合格者から「年齢層が比較的若く、所員全員の仲がよいので、実務における情報の共有がしやすく、働きやすい環境」と聞いていたのですが、実際に配属研修を受けさせてもらった印象は、まさにその通りでした。
扱っている案件も多く、様々な内容を扱うことになるので、多くの人の助言をもらうことができるという環境は、私のような実務未経験者には最適だと思います。

新人時代はどうだったか

最初の頃は、試験勉強で得た知識と、実務上必要な知識の違いの多さに本当に戸惑いました。しかし、その都度、先輩方に丁寧に教えて頂いたおかげで自分の成長を感じることが出来ています。

現在と今後の目標

「まだまだ先輩方に比べて足りないところだらけだ」という自覚がありますので、あまり大きな事は言えないですが、先ずは私にとっての先輩方のような、新しく入ってこられる方の助けになれるような存在になれれば、と思っています。
また隣接業種として、同フロア内で土地家屋調査士法人も業務を行っていますので、権利の登記のみでなく、測量・表題登記等についての知識も身に付けたいと考えています。

イメージ
平成25年入所
JFD司法書士法人
大阪事務所 司法書士部門所属
下手 優

YU
SHIMOTE

自己紹介

私は、平成22年度の司法書士試験に合格後、他事務所での2年の実務経験を経て、平成25年2月にJFD司法書士法人 大阪事務所に入所しました。既にJFD司法書士法人に勤めていた同期合格の友人から「事務所の方々はみんないい人で、本当に環境がいい事務所だ」という話をよく聞いていて、紹介してもらったのがきっかけです。

入所後~現在

JFD司法書士法人に入所して最初に驚いたのが、案件数の多さです。私は前職で実務経験がありましたが、入所して次々に、初めて触れる案件が出てきました。その都度どのように処理すればいいのかを先輩方はとても親切に分かりやすく教えてくださり、不動産登記の知識がどんどん増えていくのを最も感じることができたのが、JFD司法書士法人に勤めてからでした。短期間で数多くの様々な案件を経験できるのは、なかなか他の事務所ではできないことだと思います。

さらに、全ての案件に対し将来起こりうる顧客のリスクを考え、それを回避する方法を事務所の所員全員が考えるという方針を取っており、業務に真剣に取り組むことで、司法書士本職としての洞察力が自然と養われる体制になっていると思います。

この様にご紹介すると、事務所内は厳しくピリピリした雰囲気と思われるかもしれませんが、入所前に聞いた同期の友人の話の通り、事務所の方々は本当に親切で優しい方ばかりで、不定期に開かれる食事会で親睦を深める機会もあり、毎日出勤するのが楽しみになるほど、親しみやすく働きやすい環境です。

また、職種上、平日には休めないという事務所がほとんどですが、JFD司法書士法人では柔軟な有給休暇制度があり、病欠・冠婚葬祭以外でも、年末年始は1週間~10日程、ゴールデンウィークやお盆の時期には5~6日程の連休を取れるよう、配慮して頂けます。さらに産休・育休・子育て期間の支援制度が充実しており、女性にも働きやすい体制になっていると思います。

このように、JFD司法書士法人では「圧倒的な案件数による実務経験の差」「本職としての洞察力を身につけられる体制」「働く環境の良さ」がとても魅力的だと感じています。

イメージ
平成23年入所
JFD司法書士法人
大阪事務所 司法書士部門所属
加藤 洋幸

HIROYUKI
KATO

はじめに

私は、平成22年度の司法書士試験合格後、平成23年11月、23才のときに、JFD司法書士法人 大阪事務所に入所しました。人が多く、開放的な雰囲気の事務所で勤めたいと思い、この事務所を選びました。

入所のきっかけと理由

現在、大阪事務所の所員は、司法書士本職の割合が概ね7割~8割を占め、20代後半~30代前半の年齢層が多く、活気がある一方で、実務経験10年以上の所員も複数名在籍しており、在職期間の浅い方からは身近な意見を聞くことができたり、経験豊富な方からは倫理面や営業面について話を聞いたり、様々な視点で指導が受けられます。

私自身、実務経験が全く無く、社会人としての経験も浅かったので、入所時には不安でいっぱいでしたが、事務所全体の新人教育への意識は高く、挨拶の仕方から、電話対応、言葉遣い等、本当に基礎的なことから指導していただいたおかげで、礼儀や社会人としての心構えから着実に身につけることができました。また、先輩方は皆親切で、分からないことを質問したときでも、自分の持っている知識を隠すことなく、必要な知識や知識の調べ方について何でも教えて下さいました。

事務所内は、若い所員が多く、組織としての風通しは非常によいので、自分の知らない事案にあたったときには、他の所員の経験を聞いて参考にすることはもちろん可能ですし、誰も経験したことがない事案にあたったときには、何人かでチームを組んで案件に取り組む場合もあります。自分の案件だけでなく、他の所員の案件を通じて、実体験としての経験値を高めることができるのは、豊富な案件数と所員を擁する法人事務所の大きなメリットだと思います。

また、JFDグループの全事業所に共通する運営方針として、「できる人間がやればよい」というものがあり、年齢や在籍期間に関係なく、能力に応じて仕事や役割が割り当てられるという特徴があります。さらにグループ内には土地家屋調査士を含む隣接業種の法人も所属しておりますので、幅広い知識を吸収することができる環境にあります。

JFDの最大の魅力は、本人の能力・やる気によって、様々な経験を積むことができ、また、もし不得意な分野があったとしても組織として補い合い、何か得意な分野があれば、活躍できることだと思います。

イメージ
ENTRY

全所員が仕事の喜びを共感し、心から協調しあえる環境づくりに励んでいます。
コンプライアンス意識は非常に高く、研修会にも積極的に参加し、常に最新の知識と情報を全員で共有しています。
「責任感・協調性・向上心を持った、明るく元気な方!」を募集します。

エントリーはこちら

TOPへ戻る